芝翫襲名巡業 初日 江戸川公演昼の部観劇

中村芝翫、橋之助、福乃助襲名興行(巡業)初日、
昼の部を観て来た。

横綱が部屋で稽古をしている時期なら、
朝稽古を観られないまでもうろっと部屋のまわりを徘徊wしてから観劇…
というのもアリなんだけど、
残念ながら皆さん名古屋入りした後であった。

『猩々』『口上』『熊谷陣屋 芝翫型』

口上で梅玉さんが、
襲名するヒトの紹介で、
この巡業に参加していない歌乃助さんのとこで、
「えーっと誰だっけ?(あたふた)」www
両脇の歌六、芝翫から「のぶお、のぶお」と声が入り、
「お、そうそう宣生さん」と言ってたのが素で可愛かった(*^_^*)

襲名ブームで、又五郎さん一家の新しい名前を覚えないさきから、
亀三郎、亀寿も襲名し、
そして芝翫一家の襲名、
今日やっと、国生⇒橋之助、宗生⇒福乃助、宣生⇒歌乃助と覚えた。

口上に福助さんが並ぶことが出来ないのが残念。
どちらかというと、福助さんは苦手なんだけど、
やはり家の大きな名を継ぐ行事一切に参加できないのはお気の毒。
脳梗塞でも言葉の出ない性質のようなので、
復帰は無理なのかな。。。

熊谷陣屋は、その前の陣門組討から上演するとよくわかって、
感情移入もできるのだけど、
これだけの見取り狂言だとなかなか歌舞伎に馴染みの無い方には、
理解しがたいかもしれない。
その上、お主のために我が子を身代わりに殺すって、
現代人には到底受け入れがたいテーマなので、
大入りの江戸川文化センターも、寝倒している方が大勢見受けられたw

芝翫型は、熊谷直実が剃髪するところ、
髷を落としただけの有髪(うはつ)の僧になっており、
(勧進帳の義経のような髪型)
「十六年は夢だ…」の台詞を花道ではなく舞台上で言い、
1人で去らずに妻相模と共に旅立つ雰囲気を持っての幕…というのが
團十郎型と違うところか。

澤瀉屋型は、直実と相模が手を取り合って花道を去るので、
より心情に訴えて来る。

戦場とは言え、お主のためとは言え、
勝手に我が子を殺した挙句、
勝手に坊主になって一人でどっか行っちゃう…ってのは、
毎度違和感があるので、
こゆきまるは芝翫型、澤瀉屋型に共感する。

熊谷陣屋は、幸四郎、右団次(当時は右近)で観ることが多かったので、
新芝翫の台詞は聞き取りやすく、今日は寝なかった(^_^;)

一週間に二度も芝居見物してしまった…。
このあと11月の大仕事が終わるまでお遊びは無し。
(9月の国技館は行っちゃうかも)
ストレスに耐えられるか@こゆきまる。

今日の観劇も楽しかった♪
同伴者は高校大学からの友人と。
そしてまた稀勢の里の寿司友?の知人に会い、
少し横綱の話をする。
凄くストイックな人だと言っていた。
素顔もそうなんだね。
思った通りの人だった、我が横綱は♡♡♡


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
文楽みくじ
プロフィール

こゆきまる

Author:こゆきまる
こゆきまるです。
女小言こうべえと言われてます。
文句を溜めておくと身体に悪いので、
ここで発散しまぁす!

ご訪問ありがとうございます
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
111位
アクセスランキングを見る>>
ランキングに参加しています
ぽちっと応援よろしくお願い致します!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR