fc2ブログ

毎日稀勢の里

毎日稀勢の里の記事やニュースを目に出来て、
幸せな事であります(^_^)v

それも今日辺りで一段落して貰わないと、
春場所に障る。
どうか後援者ご贔屓タニマチの皆様は、
稀勢の里に稽古の時間を十分与えてあげて戴きたい。

本日は優勝報告会の記事。

部屋のある江戸川区の小学校での会。
パレードも止めて、小学校でやるところが良いですねぇ

デイリースポーツ記事より ↓↓↓

稀勢の里 連日フィーバー!!本人も「すごい」江戸川区民4500人集結
 小岩小学校を訪れて優勝報告し、大勢の児童の歓迎を受けた横綱・稀勢の里
1枚
拡大

 大相撲の第72代横綱稀勢の里(30)が28日、所属する田子ノ浦部屋がある東京都江戸川区で初場所の初優勝、横綱昇進の報告会に出席した。会場の同区立小岩小グラウンドには地元の児童、住民ら約4500人が祝福に駆けつけた。前日の明治神宮奉納土俵入りには歴代2位となる1万8000人の観衆が詰めかけており、19年ぶりの日本出身横綱の誕生に、連日の“稀勢フィーバー”が巻き起こった。

 “時の人”をひと目見ようと、地元もお祭り騒ぎだ。江戸川区小岩小で行われた稀勢の里の初優勝、横綱昇進の報告会。午前11時開始予定にもかかわらず、早朝6時半から並んだ人もいた。

 グラウンドに登場し、ひしめく4500人を見た新横綱は「すごい」と思わず漏らした。前日の明治神宮奉納土俵入りに続く、連日、過熱一途の“稀勢フィーバー”だ。

 大声援に対して、「優勝できたのは、地域の人の温かい声援があったから。優勝後も部屋に足を運んでいただいた。声援に応えられるように、一生懸命、横綱の名を汚さぬように精進します」と応えた。

 主催した「江戸川区田子ノ浦部屋を応援する会」の中川泰一会長によれば、新横綱自身が子供と触れ合う報告会を希望した。同会長は「横綱は非常に子煩悩」と明かした。

 児童5人からの質問コーナーも、稀勢の里らしく真面目そのもの。「お相撲さんにとって大事なものは?」との問いには「感謝の気持ちを持てば、違う力が出てくる。学校生活でもそうだよ」と語りかけた。

 「稽古で苦しい時、考えることは?」と聞かれると「稽古はうそをつかない。必ずやっていることは返ってくる」と回答。「サッカー選手を目指している」と聞くと「必ず結果は付いてくる」と励ました。

 「もっと相撲に興味を持ってもらうのが(横綱の)仕事。責任はある」と昇進以来、口にし続けた。最後まで子供と握手するなど、自覚は十分だった。

 江戸川区出身の横綱といえば第44代横綱の栃錦で、JR小岩駅は栃錦像がシンボルとなる相撲どころ。19年ぶりに誕生した日本出身横綱が、1950年代の「栃若時代」の熱狂を呼び起こす。

20170129 稀勢の里優勝報告会 小岩小学校 デイリー





にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

夢のような1週間でした

西岩親方がスポーツ番組でお祝い気分もここまで、後は稽古、稽古ですと
いうような事を言われてましたので牛久市でのパレード以外は大きなイベントもなさそうですね
色んな後援会の方々が夜の宴会とかに呼ばないで欲しいと思ってます

姉に京成バスが稀勢の里の優勝おめでとうって車内にお祝いポスターを飾ったらしいけど、帰りのバスにあった?と聞いたら
京成バスも粋な事をすると、私に見せようと写真に撮ったと稀勢の里の優勝報告会に行ったのに、報告会の写真は撮らずにこれだけ写してきたらしいです

今日は、薬を貰いに医院に行って来ました
看護師さん達が良かったねと祝福して下さって テレビで稀勢の里のお母さんが新潟の人で好物が新潟の郷土料理の、のっぺだという話をしてたので稀勢の里になおさら好感を持ったみたいです
地元のラジオ番組でも新潟に縁がある力士が横綱になったと喜んでいるようです
私が投稿したコメントも読まれました
地元の観光会社がスポンサーなので、番組主宰の旅行ツアーなどあるので
五月場所を国技館に行って観戦するツアーを企画してくれないかなと思ってます それには小柳に三月場所で頑張って幕内に上がってもらわないと提案しても受け付けてもらえないと思うので、小柳も頑張ってもらいたいです
新潟に縁があるのだから、稀勢の里の新潟後援会ができればいいのに…
伊勢ヶ濱部屋は前から新潟後援会があって、新潟で合宿とかしてるらしいですが

高安と松鳳山は同じような熊さん系?のお相撲さんだけど
坊っちゃんは高安はお気に入りだけど、松鳳山は恐い?のかダメみたいです
稀勢の里の土俵入りを見て一緒にヨイショ!と飛び上がってました
こちらでは、雨で雪もすっかり消えてしまい、また自転車でホイホイと買い物にも行けますが
まだ、まだ、寒いし坊っちゃんやママが熱でも出したらと思うと留守にするのも心配な気がして東京にも行く気になれないんですが
成田山の豆まきに行く人に様子を聞いたりして五月場所に稀勢の里の晴れ姿を
見るのを楽しみにしたいと思ってます
椅子席でもチケットが買えなかったら、どうしようと心配してます

お嫁さんのお祖母さが一緒にと大坂場所のチケットを買えたらお祖母さんが招待してくれると言って下さってるようですが
チケットの先行予約がある事も知らずな状態だったので、お祖母さんと一緒だとます席じゃないとダメだと思うし、チケットは正規では買えないだろうと
期待してません
お嫁さんがチケットを買う手配をするらしいけど、普通に買えなかったら、無理してチケットを手に入れる事はないと言ってます
人数分を取れなかったら私はいいと言ってあるし まぁ、この騒ぎではます席は無理だと思ってます

毎日、長々とコメントを投稿してばかりで、ご迷惑をお掛けて
こゆきまるさんには感謝の気持ちでいっぱいです
ありがとうございました
この1月は一生涯、忘れる事ができない月になりました
1月は私の誕生日なので稀勢の里に大きな誕生日プレゼントを貰った気分です
(相撲中継で蒼国来が私と同じ誕生日だと知りました)

1月も、もう終わります 稀勢の里に浮かれてて後回しにしていた事とかを
片付けないとです
買い集めた新聞も、整理しないとですが。 その時の新聞をまた手にすると
読み返して涙してしまいそうです







横綱の実感

テレビ番組で田子ノ浦部屋に掛けてある稀勢の里の木札が
大関 稀勢の里から
横綱 稀勢の里にちゃんと変わっているのを見て

高安が関脇から小結と変わってしまう事があっても
稀勢の里は、もうなくて
ずっと横綱 稀勢の里で変わらないんだなと思った時に、横綱になったという実感がしました

千秋楽で白鵬に勝って大銀杏を直していた床山さんの気持ちは、どんなだった
のかな?と思って見てました
千秋楽の前日に優勝が決まっていたから、感激で涙する事もなかったかもですが
今まで、稀勢の里が勝っても、大事な時に、負けた時も
この床山さんが髷を直しながら稀勢の里を見てきていたんだなと思いました
横綱昇進の伝達式や明治神宮での土俵入りの時に、稀勢の里に大銀杏を結った
時は誇らしい気持ちだったんだろうなと思いました

Re: 夢のような1週間でした

タンポポ様

これからチケットが取りにくくなるでしょうね。

私も色々な人から良かったねと言われます。
今日、九州の友人が、九州場所なら良い席取れるのでお出でと言われて、
11月は毎年多忙なのに、その言葉に惹かれて、行こうかなとw
今から仕事を調整して一泊、出来なかったら日帰りで行こうかなと思ってます。

毎日温かいコメントをくださって、
ほんとうに嬉しいです。
これからも場所がない時でも、ぜひぜひコメントを残してくださいね!!!
大した記事が掲載できるとも思えませんが(^_^;)、
頑張ります。
そしていつかご一緒に観戦したいな~なんて夢を描いています(勝手に(^_^;))

Re: 横綱の実感

タンポポ様

仰るように、親方でも高安でも記者でもなく、
稀勢の里の事を一番肌で感じていたのは、
床山さんかもしれませんね。
髪を整える時、一番そばで汗のかき方、息遣いなど
感じられるでしょうから。
そして付き人さんも。

こういう方たちのコメント、取材して欲しいですね。
稀勢の里はこれからも
稽古優先でちょいちょいメディアに出るわけにはいかないので、
代わりと言っちゃなんですが…(^_^;)

名札が変わったところまでちゃんとチェックされてるんですね。
昨日か一昨日か相撲協会の力士紹介はまだ大関のままでしたね。

あー本当に横綱になったんですね。。。
風呂桶蹴っ飛ばして荒れたこともあった、
あの稀勢の里が落ち着いてにこやかに話してるのを見ると、
感慨無量ですね。

これからも一緒に稀勢の里を見守っていきましょうね。
よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)