FC2ブログ

子どもの劣化、肌で感じる昨今

「今の子どもは…」って言っちゃいけないんだっけ?
今の子どもはって言うと、目くじら立てて食って掛かる人がいるが、
足かけ40年、延べ人数にしたら2000人を超える子どもと接してきた身としては、
言わせて頂きたい。
今の子どもは出来ないことが多すぎる。

能力自体が落ちているわけではなく、
経験不足が大きい。

4年生でちょうちょ結びが出来ない子がいる。
何人も。
片ちょうちょ結びだとさらに大混乱。
7月から練習しようねと言って気長に待っていたが、
今日になってもまだ出来ないので、切れました

思えば20年前くらい、小学校一年生の担任だったころ、
鉢巻が結べない子が増えて来たのを感じた。
結ぶのと、体育の授業の後、外して畳むだけで、
授業時間の半分を費やしてしまうのだ。
その頃から、鉢巻を使う学校が減り、
体育帽、紅白で裏返して使えるタイプを使用するようになった。

鉢巻を止めたのは間違いだったかも。
時間がかかってもやらなければいけないこともある。

鉢巻に代表されるように、手先を使わなくなった。
図工や家庭科での準備片付けなどの段取りも出来なくなってゆく。
これらは訓練すれば出来るようになること。
訓練の機会を大人が減らしてしまっているのは確か。
賢い家庭では、敢えて経験の機会を増やしているが、
目先の成績アップのために、読み書き優先、塾優先の親には、
理解できないのかな。
スマホもパソコンも道具であって、
何のためにどう使うか、自分で段取りして 考える力がないと、
何もならないと思うのだが。。。

ほんとに、頼むからちょうちょ結びできるようになってね!
出来なかったら練習するのみ。
こつこつと同じことを努力する姿勢は、
どんなスポーツにも学業にも生活にも共通する、
とても大事な姿勢です。
すぐに結果の出ないことほど価値があると思う。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

うちの会社が10月が年度末の関係でバタバタしております。
本題になりますが、利便性と進化のデメリットや負荷が全て掛かってしまってる状況ですよね。
「すぐに結果の出ないことほど価値がある」のお言葉に激しく共感です!

ラムダデルタ様
連日、お仕事、ご多忙と思います。
コメントありがとうございます。
お手軽が流行の昨今、いつかしっぺ返しがくるのでは?と
危惧しております。
「米百俵」の精神は失われてしまいました。。。

共感してくださってありがとうございます♪

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)