fc2ブログ

教員ノー残業、親に協力求める異例の文書

横浜のお話。
記事中にもあるが、協力を求められても、
保護者も困るだろうに…。

思うに、中学の部活って毎日しなきゃいけないんですかね?
顧問の教員も大変なら、
週3日くらいにしてくれると、
生徒もその他の習い事や塾の時間も取れるんだけどね。
中学入学すると、部活を取るか習い事を取るかで悩む子が多い。
部活は月曜から金曜+土曜一日とかいうのもあって、
(例えば吹奏楽とか)そんなのに入っちゃったら、
他の習い事との両立は出来ない。

部活も習い事も、毎日やればそれは上達もするだろうけれど、
どっちかにしなきゃいけないって決めちゃう方が、
子供の未来のためにはならないと思う。
全国の中学が一斉に週3くらいにしてくれないかな。
教員も声、挙げなさいよ。

…とこの記事を読んだ感想です。
ちょっと内容とは離れてしまったかな。

読売新聞記事 ↓↓↓

教員ノー残業、親に協力求める異例の文書
横浜市教育委員会が今年、市立小中学校に通う子どもの保護者に、教員の長時間労働解消への協力を求める異例の文書を出していることがわかった。

 部活動や授業の準備で残業や休日勤務が多いためで、定時退勤日の設置などを検討するとしている。思わぬSOSに保護者は「どう協力すればいいのか」と困惑している。

 横浜市教委が配布中の文書では、教員の長時間労働の実態を示した上で、定時退勤日の設定、部活動の見直しなどの改善案を提示。「授業や児童生徒の指導に専念できる環境作りにご理解いただきたい」と保護者に協力を要請している。

 市教委の調査(2013年度)では、教員の労働時間は週に平均約62時間と、法定労働時間(週40時間)を超える。1か月に換算すると残業は約90時間。中学教員だけでみると、残業は月に約102時間になる。






にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)