fc2ブログ

猿之助舞踊公演観劇

相模原市民会館での『猿之助舞踊公演』を観て来た。

・歌舞伎の見方… 段一郎、澤五郎
猿翁十種の内独楽… 猿之助
・双面水照月ふたおもてみずにてるつき …猿之助/門之助/笑三郎/笑也

おもだかの芝居、踊りは見せ方が上手い。
他の家の人達は少し見直したが良いと思う。
伝統芸能だから、昔からこうしているから、ではダメ。
変えて良いこと、変えてはいけないことを見極めれば、
良い芝居が出来る。(猿翁さんの受け売り

愛之助の鯉つかみで寝倒した家人が、全く寝なかった。
家人の睡眠は舞台のクオリティのバロメータ。
遠い、メンドクサイ、きっと寝ると行く前はテンション低かったのだが、
行って良かったと喜ばれた。

今日会場で初めて歌舞伎(舞踊)に接した方は、
面白かった!よし、また観に行こう!
…とそこまでは結構だが、くれぐれも見るものを選んで頂きたい。
安易に演目を選ばず行くと、キライになってしまいかねないから。

そんな意味で、7月歌舞伎座はすでにチケットの入手が難しくなっている…
と後援会のヒトから言われた。
やっぱり人気があるんだよね、観て後悔しないから。

ほんと、どこのお家とは言わないけど、
少し考えないとお客が離れるよ。

今日の舞踊二題は初心者でも外国の人がガイドなしに観ても、
何度も歌舞伎を観ている人でも良くわかって楽しめるものだった。

歌舞伎のみかたの段一郎君は真面目に一生懸命お話されて、
とても好感持てたが、やっぱりかの笑三郎の「ヒロシです」には敵わんなぁ。
あれ、もう一回やってくれないかしら。
(ちょうどヒロシが有吉ゼミに出てる~)
ヒロシのモノマネで歌舞伎の所作や音楽について説明してくれた、
伝説の歌舞伎のみかただった。
モチロン、あの音楽付きでね♪


猿之助の独楽が踊りにキレがあって良かった。
最後まで見せ方を工夫する、澤瀉の踊り!

双面…笑也が綺麗。
昔、信二郎(現錦之介)とやった頃は若かったが、
今でも十分綺麗です
法界坊と娘との演じ分けが猿之助は上手かった。
初役なのは知らなかった。

しかし、同じ神奈川県内だけど、
相模原市民会館は遠かった。

来月も他のお家の巡業を観に行くのだが、
起きてみた試しの無い演目なんで、気が重い。
半ば義理なんで仕方ないんだけど。。。

まだ歌舞伎をご覧になったことのない方、
初歌舞伎はぜひ澤瀉でどうぞ。

それにしても不便な場所での平日昼公演(夜もありましたが)、
会館はほぼ満席、猿之助の集客力はスゴイね


20150608 猿之助舞踊公演 相模原


疲れたが充実の一日だったデス。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)