FC2ブログ

巳之助さんの喪主挨拶

三津五郎さんの葬儀告別式での、
巳之助さんのご挨拶が素晴らしいので、
歌舞伎美人より転載。

最後に喪主として立った巳之助は、「父は私に、本当は『喜撰』は仁(にん)ではないと思うけれど、うちの大事なものだからやらなければいけないんだよ、と言ったことがございました。そんなふうに思いながらよくぞあそこまで、…心から父を尊敬いたします。父の芸は、誰にでもできるような小さな努力を、誰にも真似できないほど膨大に積み重ねた先にある、一つの究極の形だったのではないかなと思います」と、歌舞伎俳優坂東三津五郎への敬愛の念をしみじみと語りました。

 さらに、歌舞伎座柿葺落公演で(平成25年6月)三津五郎さんが『喜撰』を勤めたとき、揚幕で出を待ちながら、「もし死んだら、これを棺桶に入れてくれよ」と弟子に言っていたという話も披露。「弟子が覚えていてくれたおかげで、(喜撰法師の小道具)花錫杖(はなしゃくじょう)と姉さん被りの被り物を、大好きだった城の本とともに棺に入れてやることができました」。

 「本日は数々のご無礼があったかと思いますが、父がいなければ何もできなかったわれわれ家族、スタッフが、一切父の手を借りず、一切父の意見を聞かずに初めて勤めた仕事でございましたので、なにとぞご容赦ください」、と巳之助がご挨拶の最後に語った言葉は、失ってしまった父であり師匠である三津五郎さんの大きさを、あらためて感じさせるものでした。

 三津五郎さんに最後のお別れをと足を運んだファンの列は、いつまでも途切れることなく、焼香が済んだ頃にはすっかり日も落ちていました。そして、「大和屋!」「十代目!」の声がかかる中、三津五郎さんのご遺骨は葬儀場をあとにしました。



『父の芸は、誰にでもできるような小さな努力を、誰にも真似できないほど膨大に積み重ねた先にある、
一つの究極の形』
三津五郎さんの芸質を短い言葉で核心をついて表わしている。

立派なご挨拶でした。

改めてご冥福をお祈りいたします。



にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

菊五郎さんの弔辞とは大違いで、本当に素晴らしいですね!菊五郎さんは粋にかぶこうとしてただの下種になってしまったという・・・

菊五郎さんは理解不能ですねi-230
團十郎さん亡くなった時のコメントなんか、
貰い泣きしちゃったくらい良かったんですけど。。。

巳之助くんの成長が嬉しいです。
三津五郎さんの冷静でクレバーな血を受け継いでいるようで。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)