fc2ブログ

錣山親方「疑惑の相撲」は取り直しが妥当

白鵬の、「疑惑の一番」発言が思いのほか問題になっている。
二日酔い発言なんだから多めに見てやれという声もある。

錣山親方の見解が記事になっていた。
日刊スポーツ ↓↓↓

錣山親方「疑惑の相撲」は取り直しが妥当

大相撲の横綱白鵬(29=宮城野)が「疑惑の相撲」と疑問を呈した、初場所13日目の白鵬-稀勢の里戦でビデオ担当を務めた日本相撲協会の錣山審判委員(51=元関脇寺尾)が28日、あらためて取り直しの妥当性を示した。

 この日は両国国技館で、審判部員として春場所取組編成会議と、弟子の堀切改め阿炎(あび)の新十両昇進会見に出席。その後、取材に応じた。

 あくまでも「審判部に報告したビデオ担当者として」の立場で応じたもので、白鵬の発言については「それは審判部長から報告があったので私が話すべきことでない」と前置き。その上で「最初にビデオを見て、白鵬の(右)足の甲が返った(土俵に着いた)のが早かった」と、勝負規定第6条(足の裏以外の体の一部が、早く砂についた者を負けとする)に着目。その後、4~5台のビデオをさまざまな角度から分析し「よく見ると、攻められた稀勢の里の両足が浮いて飛んでいる。これは死に体では」となり「これはもう一丁(取り直し)にしよう、となり報告した」と同体の結論に至った。

 相撲の流れとルールを総合的に勘案した末の結論。「ビデオ判定は何をした」と批判した白鵬に対し、26日に話した「取り直しが極めて妥当」の見解を、あらためて強調するものだった。



この一番については、大鵬さんの世紀の大誤審のコメントじゃないが、
苦し紛れに小手投げなんか打った稀勢の里が悪いと思う。
疑いをもたれるような相撲じゃなく、あっさり負けちゃうか、しっかり勝つかすれば良かったんだよ。
稀勢の里ファンにしてみると、白鵬の甲が返ったのを惜しいと思わない。
勝つならぐぅの音も出ないくらいに負かしたいのだ。

この疑惑の一番よりも、
隠岐の海ー碧山戦の最中に堂々と入場してきた白鵬に腹が立つ。
土俵上の力士にも後ろの観客にも失礼千万。
以前の優勝インタビューで付き人の石浦を話題にしたことも腹が立つ。
この二点については、酔っ払ってもいないし、
国籍差別も関係ないので、白鵬自身の人格問題として、気に入らないのです。


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

白鵬は正直態度悪いですよね。。
朝青龍と競り合ってた頃はこんなんじゃなかったんですけどねぇ。

そうなんです!

> 朝青龍と競り合ってた頃はこんなんじゃなかったんですけどねぇ。
↑↑↑
そうなんです!
目立たなかっただけかもしれませんが。。。
最近、諌める人もいないのかもしれませんね。
会見やインタビューでは「言葉のあやで」誤解されることもあるかもしれませんが、
遅れての入場や、石浦を話題にすることは言葉とも二日酔いとも関係ないですし。
強い横綱なんだから、大人しくしていればいいのに。
伊勢ヶ濱親方の仰る通り「自分の価値を下げている」と思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)