FC2ブログ

大相撲2014年11月場所 十日目 11月18日の取組

ほーら、やっぱり注目され始めた途端、負けちゃった。
稀勢の里、日馬富士になす術無し。
ここ数日、押し込まれる立ち合いが続いていた。
それでも勝っているから気分が良い…とか言ってる場合じゃない。
日馬富士の速攻踏み込み相撲に、あんな気の抜けた立ち合いで、
勝てるはずがない。
まわしに手が届く前に押し込まれてあっさり負け。
日馬富士が嘆くよ。

20141118 日馬富士―稀勢の里 時事
(時事ドットコム)


こんな記事が今となっては虚しい。。。 スポニチ記事 ↓↓↓ 今朝の時点の勝敗数です
書いた記者も虚しかろう。。。

不気味に強い稀勢 決め手欠いても押し込まれても1敗キープ
◇大相撲九州場所9日目(2014年11月17日 福岡国際センター)

 悲願の初優勝を狙う大関・稀勢の里は豊響を突き落としで逆転し、1敗を守って勝ち越しを決めた。万全の状態で場所を迎えた28歳の大関。危ない場面もあるが、体幹を鍛え抜いたボディーで順調に白星を伸ばし、10日目に今場所初の横綱戦となる日馬富士に挑戦する。横綱・鶴竜は碧山を難なく寄り切り、ただ一人9戦全勝。1敗で白鵬、稀勢の里、平幕で40歳の旭天鵬が追い、2敗で日馬富士ら4人が続く展開となった。

 今場所の稀勢の里には不気味な強さがある。「いい立ち合いだったんじゃない。相手が」と振り返ったように豊響のぶちかましを受けて後退。しかし、土俵際で回り込みながら強烈な左からの突き落としを決め、白鵬らとともに1敗を守った。

 4日目の照ノ富士戦は攻め手を欠き、1分を超える相撲となりながら寄り切り。6日目の栃煌山戦は押し込んだ土俵際でバランスを崩しながら押し出した。前日の琴奨菊戦でも立ち遅れながら粘った末に上手投げで勝利をつかんだ。万全な形とは言い難いが、終わってみれば勝ち名乗り。そんな姿に大関自身が「いい稽古を積めたから体の反応はいい」と手応えを得ているのが、また不気味だ。

 初場所で右足親指を負傷して休場に追い込まれたこともあって、今年一年は100%の状態でいる時間の方が短かった。それでも「毎日、目的意識を持っていた」と言う。常に心掛けたのは体幹を鍛えること。周囲からは「最近、胸の筋肉が落ちてきた」との声も聞こえるが、大関は「胸の筋肉がついていれば格好いいけど、上半身をがちがちにしても意味はない。力士にはボディービルダーのような体はいらない」と主張する。重要なのはあくまでも体の中心だから、稽古内容は四股すり足が中心。そして、てっぽうは体の軸を保ったまま左右に素早く体を回転させる。大横綱・双葉山がてっぽうを行う映像を見て研究したという。

 一年納めの九州でようやく万全の状態で初日を迎え、1敗で日馬富士との横綱戦に臨む。「一段落せずに気を引き締める」。帰り際、土俵上では「白鵬―逸ノ城」の対戦が行われていたが、興味なくスルーして前を歩いた。自らだけを信じる28歳。狙うは06年初場所の栃東以来となる日本出身力士の優勝だ。




今日の敢闘精神あふれる力士

【幕内】
1位…東前頭14枚目・阿夢露
2位…東前頭8枚目・栃ノ心
3位…東大関・琴奨菊


【十両】
1位…西十両6枚目・若の里
2位…東十両3枚目・里山
3位…東十両9枚目・北はり磨


十両の若の里は、かつて付け人だった輝(当時は達)との対戦に勝った。
「身内でやるようでいやな気分だった」とのこと。
TV放送によると付き人時代、温泉に浸かりながら相撲について色々教えて貰ったこともあったそうだ。

20141118 若の里ー輝



松鳳山ー阿夢露
長い相撲で攻防も見応えがあった。
松鳳山は締め込みが緩いよ
一枚まわしを取られて振られているうちに、
結び目がほどけてしまった。
そのうち不浄負けするよ
下手出し投げで阿夢露の勝ち。
阿夢露にアナウンサーがインタビューしようとしたら、
ぜーぜー言って話せなかったとか。
精根尽き果てたかな、勝てばまだしも負けた松鳳山はお気の毒。。。


栃ノ心ー千代丸
千代丸は見事に横からの張り手、ビンタ喰らってた
口も切ってしまったようだ。
栃ノ心が勝って勝ち越しを決めた。

20141118 栃ノ心ー千代丸 時事
(時事ドットコム)



隠岐の海ー荒鷲
婚約結婚効果、続かず@隠岐の海。
↓↓↓ 足を上げてとんでいるのが荒鷲で、勝った方 
土俵にいるのが隠岐の海で負けた方。

20141118 隠岐の海ー荒鷲 



高安ー豊ノ島
高安が6勝目を挙げた。
今日は落ち着いて相手を良く見ていた。
決まり手は押し出し。
金星二つ取っているんだから、何が何でも勝ち越さなきゃね!




千代鳳ー豊響
九分九厘豊響が勝っていたのに、
土俵際、回り込んで粘った千代おとりの勝ち。
こんな風に二度ほど押し込まれたんだけど、勝った。

20141118 千代鳳ー豊響



琴奨菊ー豪栄道
琴奨菊の必死の攻めに、豪栄道は防戦のみ。
豪栄道、勝ち越しも不安になって来たか???



照ノ富士ー鶴竜
何が違うって、鶴竜は前へ出ているもんね。
いつもの引いたり叩いたりが無い分、強さを凄く感じる。
今日も大きい照ノ富士を堂々と攻め勝って寄り切った。

29141118 鶴竜ー照ノ富士 時事


白鵬ー碧山
長く土俵の上にいたけれど、碧山も防戦一方で、
白鵬は危なげなく勝った。
序盤の方がバタついていた気がしたな白鵬は。
強くなって来たと思われる碧山でも一昨日お出でと軽くあしらわれた感じ。

20141118 白鵬ー碧山 時事



明日の気になる取組

栃ノ心ー旭天鵬

高安ー常幸龍

白鵬ー豪栄道

稀勢の里ー鶴竜


明日はお家でTV観戦できる♪



にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト



コメント

うーむ・・・稀勢の里負けてしまいましたか。
まったりと星を積んでたんですけどねぇ。
明日から心機一転攻めの押し相撲で頑張って欲しいです!
日馬富士はさすが横綱ですね!
闘志が凄い!!
今場所は鶴竜が良いですねぇ。

いつものことですから。。。

とは言ってみても、今年は稀勢の里、不調な年だったので、
せめて今場所は…と期待しちゃいますからねぇ。

日馬富士の闘志、鶴竜の粘りと攻めが光っていますねi-189

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)