FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がれき活用した防潮林

以前、こゆきまるのブログでも紹介した、
ガレキが命を守る森になる
がれきの山(無論分別して)に広葉樹を植林して、
防潮堤に・・・という提案、実施されているようだ。

岩手・大槌町 がれき活用した防潮林
(NHK NEWS WEB)

広葉樹は根を深く張るために流されにくく、
10メートルほどに成長すれば防潮林としての役目を果たす効果が大きいそうだ。
福島では松の植林を進めているようだが、
奇跡の1本松に象徴されるように、大きな津波に襲われたら、
流されてしまう可能性が高くないか。
広葉樹を植えるのと、土台ががれきというのが今の現状に合うように思う。

植樹をした少女は、笑顔でTVに向かって、
「大きくなるのが楽しみです」と言っていた。
成長の楽しみ=復興につながっていくと思う。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。