FC2ブログ

TV番組

最近のTV番組はつまらん!
Qさま、クイズミラクルナイン、ネプリーグくらいしか見ていない。

ドラマは…。
全然見ていない。
真田丸ですら録画のまま放置。

ってことで、アーカイヴスのドラマばっかり見ていた。

韓国ドラマ「商道(サンド)」
「渡る世間は鬼ばかりシーズン1」
アメリカドラマ「グッドワイフ」

どれも面白いわ。
特に渡鬼は昔見た頃と違って、こちらの年齢が上がったせいか、
味方が随分と変わっていた。
以前は娘たちの立場で、今は親たちの立場で。

どれも長いシリーズなので、
見始めるとつい三つも四つも見てしまって、
夜更かしに拍車が掛かってしまう。

今度は、真田太平記を見始めるつもり。
ワクワク(^_^)v


スポンサーサイト

サンドウイッチマン、大好き♬

サンドウイッチマン、お笑い芸人の中で一番好き♬
M1での敗者復活戦からの優勝、初めて観たが、
ピザ屋とか街頭インタビューとか、引っ越し屋とか、
大爆笑した。

その後も、葬儀屋、結婚式場、ファミレス店員など等と大ヒットを飛ばした。
最近は70%くらいの出来だけどね。

中日新聞記事より ↓↓↓

神主の狩野がヒット祈願 サンド―のライブDVD

「サンドウィッチマンライブツアー2015」DVD発売記念イベントが東京都内で開かれ、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」(伊達みきお、富沢たけし)と、お笑いタレントの狩野英孝が登場した。

 毎年恒例のライブツアーの模様を収録し、全てのネタが字幕対応している。富沢は「耳の不自由な方にも楽しんでほしい。文化祭でネタをやってみたい皆さんに参考にしてもらえると思います」とPRした。

 狩野は宮城県栗原市にある神社の跡取りで、同県出身のサンドウィッチマンも参拝に訪れたことがあるという。神主の装束姿の狩野が「芸人としてではなく神主として来ましたので、笑いを期待しないでください」とあいさつすると、伊達は「常に期待していません。芸人としては呼びません」と切り捨てた。

 ヒット祈願のための神事を滞りなく執り行った狩野に、富沢は「ちょっとやせたけど大丈夫?」。伊達も「この後、自分自身のおはらいもするのかな?」と女性問題で“訳あり”の後輩を思いやっていた。

20160302 サンドウィッチマン 中日新聞



ちなみに、「えいこーちゃん(狩野)」も好きです♬


佐々木蔵之助のハンチョウシリーズ第5シリーズ

ハンチョウシリーズ、初期のメンバーが気に入ってしまって、
後半、キャストが変わってから途中で見るのをやめてしまった。

今放送しているドラマで、これってのがなくて、
松阪慶子の『スミカスミレ』くらいしか見てないな。
及川光博も出ているので(好きなのだ♡)これは忘れず見ている。

だけど。。。
他のがつまんなくて、またハンチョウシリーズに戻った。
福士誠治が出ているのね。
ワンピース歌舞伎でエースを演った人。
蔵之助も『空を刻む者』で歌舞伎デビュー?したし、
4代目猿之助は蔵之助が大好きで使ったと言う話は聞いたが、
このハンチョウシリーズにも4代目猿之助も出ている。
結局、この三人は仲良しなのだね。
別にいいけど(^_^;)

で、話を戻すと、福士誠治、若い刑事役、イイね20160226 イイねマーク


真田太平記、見始めました

真田丸も良いんですけどね…。
やっぱりどうしても見たくなって真田太平記を見始めた。

真田昌幸を丹波哲郎が演じ、
ぴったりはまり役、丹波哲郎の代表作と言ってもいいと思う。
その時、幸村を草刈正雄がやり、
今年の真田丸で真田昌幸を演じている。

朝日新聞にこんな記事が ↓↓↓

因縁の真田昌幸役オファー「驚いた」 草刈正雄さん語る
30年前、NHKドラマ「真田太平記」では、赤い甲冑(かっちゅう)がトレードマークの真田幸村を演じ、幸村の女性人気を不動のものにした草刈正雄さん(63)。2016年の大河ドラマ「真田丸」では幸村の父・昌幸に扮し、かつて共演した丹波哲郎氏の当たり役に挑戦する。その意気込みを語ってくれた。

 ――今回、「真田丸」で真田昌幸役のお話をもらったときのお気持ちはいかがでしたか。

 本当に驚きました。僕は30年前に「真田太平記」で真田幸村(信繁)を演じましたので、非常に感慨深く、因縁も感じましたね。話をもらってすぐに「真田太平記」で昌幸を演じた丹波(哲郎)さんが思い出されました。当時、若手だった僕には丹波さんの演技はものすごくインパクトが強かった。そのイメージが鮮明に記憶に残っていて、なかなか頭から離れてくれないんです。丹波さんが演じられた昌幸が僕の両肩に下りてきて、重く乗っかってくるんですよ。因縁とともにプレッシャーも感じました。

 ――その因縁の昌幸を演じるにあたって準備されたこと、意識されたことはありますか。

 「真田丸」の脚本が届いて、読んでいると、三谷(幸喜)さんの脚本は、それぞれの役者の個性を知りぬいて書かれている、と僕は感じたんです。緻密(ちみつ)な役作り云々っていうより、「そのまま素直にやれば面白い」「楽しめるぞ」と思っています。

 ですから、三谷さんの作る昌幸像を読んでいくにつれ、丹波さんの昌幸はすーっと肩から昇っていきました。三谷さんの脚本がどんどんあがってくるなかで、少しずつ僕なりの昌幸ができてきたんです。でも不思議なことに、時々、丹波さんのせりふ回しが無意識に出てきてしまう。「ああ、この言い回しは丹波さんだ」とせりふを発した瞬間に気づくんですが、自然に出てきてしまうんですよね。それくらい強烈な演技だったんです。

 ――丹波さんの他に影響を受けたり、尊敬されている俳優の方はいらっしゃいますか。

 僕は小さいころ、よく映画を見てたんです。おふくろが映画大好きだったもんですから、連れられてね。萬屋(錦之介)さんや、勝(新太郎)さんの演技なんかは強く印象に残っています。当時は素晴らしい時代劇俳優さんがいっぱいいたんですね。そういう方たちが折につけ、ふっと思い出されまして。大先生、まさに師匠ですね。

 ――「真田太平記」のころを思い出されることはよくあるんですか。

 プレッシャーがあるんで、そういう余裕もないですよ(笑)。ただ、形というか、昌幸、幸村、信幸(のち信之。幸村の兄)の並びで思い出されることはありますね。たとえば、密談か何かで囲炉裏を親子で囲んでいるときとかね。

 真田屋敷の昌幸の部屋には隠し部屋があったり、いろんな仕掛けがあるわけですよ。そういうのも「ああ、こういうのあったな」ってね。懐かしく感じます。

 ――その思い出深い真田家の物語で心に残るのはどんな場面でしょうか。

 ドラマでの話になるんですが、昌幸は戦の最中に碁を打つんです。丹波さんのときにもそういうシーンがかなりあったんですけど、今回もかなりあるんです。戦で大変だってときに碁を家臣とやり続けて、打ちながら命令を下す。その描写はすごく印象的ですね。

 ――そのシーンは、やはり意識して力が入りますか。

 そのシーンを考えだすと、また丹波さんが肩に降りてきますよ(笑)。「もう向こう行っててくれ」と思いますけどね(笑)。おそらく「ちゃんとやれよ」って見てくださっているんでしょうね。

 ――「真田太平記」では子の立場でしたが、「真田丸」では親の立場です。関ケ原の戦いを前にして、家族とたもとを分かつことに対してはどう感じられますか。

 昌幸はあの時代、必死だったと思うんです。とにかく生き残ること、真田の血を残す、ということだけを考えて動いていた人だったんじゃないかなと思います。どんな手を使っても、何をしてでも、というような。だからはたから見たら「いいかげんな奴だな」と思われていたんじゃないでしょうか。名門から見たら「なんじゃあいつは」みたいなね(笑)。そうであっても構わず、真田の名を残すために必死であったということなんじゃないですかね。

 ――真田家の魅力はその執念にあるんでしょうか。

 それと「義」だね。武将として義を持って死んでいく。真田親子は日本人が重んじる義を持っているんです。そして、真田の名前を残したいという執念。そういう日本人が大好きな、その両方を備えた武将と言えるんじゃないでしょうか。昌幸はそれだけではなく、もっといろんな面を持ってもいますけどね。

■三谷さんの脚本、くすっと笑える

 ――というと、主がころころと代わるなどの苦労ですか。

 武田がなくなって、織田についたりと、今ちょうど昌幸にとって大変なときを撮影しています。今の人にしても、皆さん、そういうことありますでしょ。「あ、こういうこと俺もあるよな」っていうように、素直に演じることができていますよ。

 ――「真田丸」と「真田太平記」で、描写の違い、脚本の色の違いというのは感じられますか。

 「真田丸」の脚本はくすっと笑えるところがちりばめられていましてね。そういった意味では、少しリラックスして演じられています。そして「えっ」と思うことがないんです。「これ本当にそうなのかな」というところがない。せりふはとてもナチュラルに流れていて、それでいておかしい。本当におっかしいんですよ。めちゃめちゃ面白いね。

 ――堺雅人さん演じる幸村は、ご自身の幸村と比べてみていかがですか。

 彼は独特な感性を持っていてね。ひょうひょうとしていて捉えどころのないような雰囲気を出している。非常に魅力的な、僕とはまったく別な幸村像を作っていますよ。これからも楽しみですね。

 ――昌幸目線からすると、なかなかやるな、といった感じでしょうか。

 そうですね、なかなかやりますよ(笑)。彼は独特だからね。他の人にはできないようなことをやってくれる人。これからどうやって幸村が成長していくのか、すごく楽しみです。

 ――兄の信幸についてはいかがですか。

 (信幸を演じる)大泉(洋)さんは今回、クソまじめな役ですよ。「真田太平記」での渡瀬(恒彦)さんもそうでしたが、信幸は真面目で生一本な性格でね。あの大泉さんが、一つも面白いことやりませんからね。全然、大泉さんとは思えない(笑)。でも、一緒にやっていて「やっぱり兄弟2人とも見事だな」と感心すること多いですよ。

 ――親子の関係が魅力の一つでもあります。

 本多正信を演じられる近藤(正臣)さんが、たまたま、堺君と僕のシーンを見てくれていて、「本当の家族に見えるなあ」って言ってくださったんです。ほっとしましたね。

 これはスタッフに冗談で言ったんだけどね、また30年くらいしたら、真田の物語をまたやってくれって。永遠に引き継いでいくようなね。今度は堺君が昌幸で。そうしたら僕は、次は幸隆(昌幸の父)だな(笑)。

     ◇

 草刈正雄(くさかり・まさお) 1952年、福岡県出身。70年、男性用化粧品のCMでデビュー。85年のNHKドラマ「真田太平記」では真田幸村を演じ、2016年の大河ドラマ「真田丸」では幸村の父・昌幸を演じる。(朝日新聞出版「武将の末裔 【平成の陣】」から転載)




真田太平記で印象的な登場人物。

真田昌幸:丹波哲郎
真田信幸:渡瀬恒彦
真田幸村:草刈正雄

女忍び:遥くらら
佐助:橋之助
甲賀忍び猫田与助:石橋蓮司

矢沢頼綱:加藤嘉
矢沢三十郎:友右衛門

あと、尾上右近丈のお父さんも、
若い好青年役で出ていた、お名前役名失念。
歌舞伎関係で3人、重要な役どころで出ていた。

今年の真田丸は見続けるつもりだし、(例年大河は途中で挫折している(^_^;)
どちらもそれぞれ良さはあると思うが、
池波正太郎の真田太平記を知らない若いヒトにもぜひみて欲しいな。
画像が無理なら原作本もおススメです(全10巻か11巻なので読むの大変ですが

20160216 丹波哲郎

20160216 草刈正雄

草刈正雄、若いですね。
でも今でもあんまり変わってない。

国会議員て暇なの?記事追加

カテゴリはTVにしたよ。
政治の話じゃないし、
TVでおんなじことばっかり放送してて辟易としている。

国会議員て暇なの?
当方、必死で働いて、帰宅するのがやっと。
帰れば家事もそこそこあるし、ご飯食べてお風呂入って寝るだけでも忙しい。
TVのさらし者になってる彼は、家庭に新生児が生まれようとしている時期に、
よくそんな時間があったもんだ。

記事追加
やっぱり暇らしい。
2016年2月16日 デイリースポーツ記事から ↓↓↓

このコーナーを見た小倉智昭キャスターは、宮崎議員が1日400回LINEをやっていたことにも触れ、「この宮崎議員という方は相当優秀なんでしょうね。一日に400回もLINEしながら政治のことを考え、育休のことも考えていたんですから。かなり余裕のある方なんでしょう」と皮肉たっぷりにコメント。

 東大工学部出身の菊川怜は「計算しました。一日20時間(LINEを)やったとして、3分に1回です」と、あきれ果てていた。



選挙戦だけでは人品骨柄判断しかねるが、
有権者もよくよく覚悟して投票しないといけないね。
号泣議員の時も思ったが。



にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村